活動報告

医師のキャリア形成をサポートするため様々な活動を行っています。

その他

「旭川医科大学医学科早期体験実習ガイダンス」で相談窓口事業を紹介しました。

旭川医科大学では、医学科第2学年の学生に対し、地域医療の現状の把握と問題点を抽出し解決法を考察することにより、見識を深めるとともに、その重要性と本質を理解することを目的として「早期体験実習」を実施しています。











今般、その実習におけるオリエンテーションの一環として、北海道医師会の長瀬会長が講演を行い、医師会の歴史、組織の説明から始まり、日本医学会のこと、医師会と地域医療のこと、医療の倫理、医療と医師の関連法律など多岐にわたりお話をし、その中で北海道医師会が相談窓口事業を行っていることも紹介もしました。







医学生のみなさんには、女性医師等支援相談窓口のことを少しでも頭の片隅に残していただき、将来必要となった時に思い出し、活用していただければと思います。

記事一覧を見る

TOPに戻る