活動報告

医師のキャリア形成をサポートするため様々な活動を行っています。

その他

北海道薬業界賀詞交換会にて、研修会の託児室併設をお願いしました。

 北海道医師会では、子育て中の医師が研修を受けやすい体制を構築することは、医療の質を確保し医師のキャリア継続のためにも非常に重要であることから、製薬会社などが医師を対象として行う研修会等において託児室を併設するよう、お願いしているところです。


 昨年に引き続き、平成28年1月6日(水)札幌第一ホテルにて開催された「平成28年北海道薬業界賀詞交換会」の席上において、北海道医師会長から、製薬会社等が医師を対象として行う講演会・研修会などにおいての託児室併設を改めてお願いしました。


 北海道医師会では、昨年本会終了後に、北海道医薬品卸売業協会の眞鍋雅昭会長から長瀬会長に、早速薬業界会員のメーカーならびに卸業者の責任者の皆様に、説明と周知をお願いしたとのご報告をいただき、また「薬籠会」幹事会社に協力をいただきながら、製薬会社が行う研修会等への託児室併設の支援事業を構築しました。


 しかしながら、その後はメーカー各社の判断により実施できる状況にあるにも関わらず、本事業に参画する製薬メーカーがない状態のままとなっております。


 本年も、すべての医師の学習時間を確保するため、製薬会社の研修会などに託児室を併設することの必要性を改めてお話し、理解を求めました。


 託児室がないからと製薬会社等の研修会への出席を諦めている子育て中の先生方には、託児室併設を各製薬メーカーに強く希望してくださるよう、ご協力の程よろしくお願い申し上げます。

記事一覧を見る

TOPに戻る