会長からの挨拶
臨床検査センター
地域産業保険センター
役員・委員の一覧
室蘭管内の医療機関一覧
歴代会長の部屋
室蘭医師会のホームページに戻ります

 


突然の難聴

突然、耳が詰まった感じ(耳閉感)、耳鳴り(キーン、ゴー、ピー)、難聴を自覚したらどうしますか。仕事の忙しい方、用事があってどうしても受診できない方、病院嫌いで受診できない方でしたら、2週間や1カ月、いやそれ以上様子を見て、良くならなければ耳鼻咽喉科を受診しようかと考えられる方も多いことでしょう。

実は、早期に治療しなければ手遅れになってしまう難聴もあるのです。それは、原因不明の難聴で突発性難聴です。難聴の程度によっては、ステロイド大量療法を行わなければ改善しない場合があります。突発性難聴は発症してから1カ月ないし2カ月後には聴力が固定してしまいます。そのため、ステロイド大量療法を開始する時期は、発症後2週間以内が良いと考えられています。

突発性難聴の疫学的研究から、疲労、睡眠不足、過度のアルコール摂取、西洋的な食事に傾き過ぎることは、突発性難聴発症の危険因子であることが示されています。これらを避ける生活は、突発性難聴の発症を予防するために有効であると考えられます。

急に発症する高度の難聴には、原因がはっきりしているものもあります。例えば、おたふくかぜの後の高度の難聴(ムンプス難聴)、強く鼻をかんだ後などにパチッとはじける音がして、その後にサラサラ水が流れるような耳鳴りがして難聴がさらに悪化し、最悪、聴力を失ってしまう病気(外リンパ瘻)もあります。ムンプス難聴は非常に治りにくい疾患です。外リンパ瘻は場合によっては入院して手術を行うことがあります。いずれも早期に診断を受けることが大切です。

突然の難聴でクリニックを受診される方の中には、耳垢(あか)で外耳道が完全に塞(ふさ)がれて耳栓のようになり難聴を生じている方も多数いらっしゃいます。この場合は耳垢を除去すると難聴は改善し、不快な時間を過ごさなくてすみます。

突然の難聴を自覚した場合、「早期に」耳鼻咽喉科を受診し、「適切な治療」を受けることをお薦め致します。


 [横山貴康,よこやま耳鼻咽喉科・眼科クリニック]

 


目次に戻る

Copyright (C) 1998 by Muroran Medical Association. All rights reserved.