北海道医師会

医師の皆さまへ日医生涯教育制度・日医かかりつけ医機能研修制度

日本医師会生涯教育講座・北海道医師会認定生涯教育講座 実施要領

(平成4年2月25日制定)
(平成6年3月8日一部改正)
(平成8年2月13日一部改正)
(平成17年4月26日一部改正)
(平成21年4月28日一部改正)
(平成22年2月23日一部改正)
(平成28年4月12日一部改正)

北海道医師会は、日本医師会生涯教育制度実施要項に基づき開催される「日本医師会生涯教育講座」(以下単に「講座」という)等の実施要領を次により定める。

1. 講座の主催者

第1 郡市医師会、専門医会、学会、各種研究団体・サークル、製薬メーカーによって行われるものなど多種多様であり、主催者についての制約は設けない。

2. 方法・形式

第2 教育効果の挙がるよう、主催者において創意工夫して取り組むことが望まれるので特別な制約は設けないが、一般的には次のような方法・形式が考えられる。

  1. 講師を招いて行う講演会・研修会 (講演や講義中心のもの、実技指導を組み入れたものなど)
  2. 会員同士の研究発表会・学習会など
  3. 研究発表を中心として行う学会
  4. その他

3. 研修課題

第3 主催者は、テーマを日医カリキュラムコード(略称:CC)の中から選択する。

4. 公開の原則

第4 認定を受けて実施する講座は、広く当会会員に公開されることが望ましい。

5. 申請方法

第5 主催者は、講座の概要(日時、場所、研修テーマ、講師、CCなど)が決定次第、速やかに別に定める書式により当会会長に申請書を提出する。提出期日は、審査に一定の期日を要するため、原則として開催期日の45日前までとする。 なお、郡市医師会以外の主催者が講座を実施する場合、当会への申請に先立って開催地の郡市医師会の後援・承認手続きをとることが望ましい。

6. 審査機関

第6 当会学術委員会内に生涯教育小委員会を設け審査に当たる。生涯教育小委員会は毎月2回開催し、開催期日までに申請のあったものについて審査を行う。審査の結果、認定が可とされた講座については、当会会長が申請者あてに承認決定通知を行う。

7. 単位

第7 認定を受けた講座の演者並びに出席者が取得できる単位は、「日本医師会生涯教育講座実施要項」に基づき、次のとおりとする。

原則として、講義時間1時間あたり1単位とする。最小単位は、30分、0.5単位。

8. カリキュラムコード 略称:CC

第8 1時間1単位1カリキュラムコードとする。

9. 名称の使用

第9 認定を受けた講座の主催者が使用できる名称は、次の区分による。

主催者 使用できる名称
北海道医師会
郡市・医育機関医師会
日本医師会生涯教育講座
上記以外の各種団体等 北海道医師会認定生涯教育講座

10. 開催通知

第10 認定を受けた講座の主催者は、案内書に講演会等の名称と共に前項の区分による名称を併記し、「北海道医師会の承認を得て開催する講座であること」を明示する。

11. 実施報告

第11 主催者は、終了後速やかに別に定める書式により、実施報告書を受講者名簿と案内書を添えて当会に提出しなければならない。受講者名簿には必ず受講者氏名と医籍登録番号の記入を必要とする。

12. 受講証の発行

第12 当会は、主催者からの実施報告に基づき会員の出席状況をコンピュータに登録し年度終了後に年間の参加記録を会員個人別にまとめ、受講証として当該会員に交付する。
ただし、何らかの都合で主催者が参加証を発行しなくてはならない場合、取得単位やCCを明記することが望ましい。

附則

  1. この実施要領は、平成28年4月1日開催分より適用する。

日本医師会生涯教育講座・北海道医師会認定生涯教育講座 申請書様式

講座の申請をされる場合は、必ず実施要領をお読みの上、手続きを行って下さいますようよろしくお願い申し上げます。

主催者(申請者) 使用できる名称 申請様式 報告様式 受講者名簿様式
北海道医師会、
郡市・医育機関医師会
日本医師会
生涯教育講座
第1~2号様式(Excel形式) 第3号様式(Excel形式) 第4号様式(Excel形式)
上記以外(学会・研究会、
製薬メーカー、その他)
の各種団体等
北海道医師会認定
生涯教育講座

※各様式は主催者別に分かれていましたが、様式を統一いたしました。

※各講演会を計画されます際は、開催期日を北海道医学大会総会日と重複しないようご計画下さい。 総会日に開催される講座の申請は、原則的に認定できないこととなっておりますのでご了承下さい(第97回開催日:平成29年9月16日(土))。
※生涯教育講座申請は、審査に一定の期日を要するため、原則として開催期日の45日前までを遵守下さい。

※新様式はEメールでのみ受付いたします。ご提出はまでお願いいたします。

なお、郡市医師会以外の主催者が講座を実施する場合、当会への申請に先立って開催地の郡市医師会の後援・承認手続きをとることが望ましいので、詳細については開催地の郡市医師会へお問い合わせ下さい。

日本医師会生涯教育講座・北海道医師会認定生涯教育講座 申請手続

北海道医師会では、日本医師会生涯教育制度実施要項に基づき、道内で開催する各種講演会・研修会などを認定しています(詳細は実施要領をご参照ください)。

申請方法

別添申請書様式により当会会長に申請書を提出ください。 (提出期日は、審査に一定の期日を要するため、原則として開催期日の45日前まで)

なお、郡市医師会以外の主催者が講座を実施する場合は、当会への申請に先立って開催地の郡市医師会の後援・承認手続きをとることが望ましく、各郡市医師会へご相談ください。

審査機関

月2回、審査機関において審査に当たり、認定『可』とされた講座については、当会会長が申請者あてに承認決定通知を行います。

実施報告

主催者は、終了後速やかに別に定める書式(報告書)により、実施報告書と受講者名簿、案内書を添えて当会に提出して下さい。

申請手続きの流れ

日医生涯教育制度と学会認定(専門)医制度との単位互換について

日医かかりつけ医機能研修制度

 本研修制度は、「今後のさらなる少子高齢社会を見据え、地域住民から信頼される『かかりつけ医機能』のあるべき姿を評価し、その能力を維持・向上することを目的」として日本医師会が平成28年4月1日に新設した制度です。
 北海道医師会でも本年度から、地域医療・保健医療活動に従事し、地域住民の健康や医療問題、自己研鑽に継続的に取り組む医師を支援する一助として、本制度を実施することといたしました。
 本年12月より今年度の修了申請が開始されますので、ご案内申し上げます。

本研修制度について

申請用紙

応用研修

北海道医師会応用研修について

区分 受講料(円)
日本医師会会員 無 料
北海道医師会まで加入の会員 21,600円
郡市医師会のみ加入の会員 32,500円
郡市医師会非会員 54,000円

Q&A

平成28年度 修了申請

申請(登録)手数料

北海道医師会会員  -無料
北海道医師会非会員 -審査(手続)料 10,800円/登録料 21,600円

お問い合わせ先

北海道医師会 学術部(事業第四課)

TEL 011-231-1727

【参考】日本医師会ホームページ