お知らせINFORMATION

  • TOP
  • お知らせ

お知らせ一覧

2017.10.13 更新情報

2017.9.15 更新情報

会員専用ページの「団体情報」に「8.産婦人科診療ガイドライン―婦人科外来編2017、産科編2017に関する伝達講習会について」を追加しました。

2017.9.15 更新情報

2017.9.15 更新情報

2017.7.14 更新情報

2016.12.21 更新情報

会員専用ページの「団体情報」に「6.HPVワクチンについての厚生労働科学研究班の発表に関する厚生労働省の見解と日本産婦人科医会の考え方」「7.無資格者による人工妊娠中絶術報道について」を追加しました。

2016.09.27 更新情報

会員専用ページの「団体情報」に「5.看護師が子宮頸がん検査のために膣内から細胞採取をする行為について」を追加しました。

2016.08.04 更新情報

会員専用ページの「団体情報」に「4.平成28年度診療報酬改定(産婦人科関連の主なもの)」を追加しました。

2016.06.20 第30回北海道母子保健セミナー開催報告

北海道産婦人科医会では毎年、看護師や助産師などのコメディカルの方を対象として、母子保健に関し、その時の話題や出来事についてのセミナーを開催しております。

第30回北海道母子保健セミナー

日時 平成27年11月28日(土)14:00~16:00
場所 北海道医師会館 8階A会議室
参加者 看護師、助産師、栄養士等のコ・メディカル合計35名

晴山会長の主催者挨拶後、次の二つの講演が行われました

講演1 女性の“やせ”と骨粗鬆症

手稲渓仁会病院副院長の藤野敬史先生より、骨粗鬆症の診断基準や年齢別発症率、骨粗鬆症になるメカニズム、女性アスリートと疲労骨折や月経との関係についての説明がありました。
また、最近の女性のやせ願望についてはBMIを基準としたやせの割合、体型の自己認識、国際比較の話があり、特に若年女性のやせと栄養不足は月経異常、生活習慣病のリスクの他、低体重児の出生やその後の生育への影響など深刻な問題を含み、特に母親の場合は思春期女子への影響もあるとのことを見やすいスライドをもとに分かりやすくご講演いただきました。

講演2 妊娠と産後に必要な栄養の知識

天使大学栄養学科教授の久保ちづる先生より、前段に栄養の定義、栄養管理の必要性、栄養障害についての基本的なお話しがありました。
その後必要な栄養量、妊婦の栄養状態とリスクの他、妊娠高血圧症候群、塩分、貧血など妊娠期・授乳期には食べ方の工夫をして栄養をバランスよく摂取することの重要性についてご講演をいただきました。

各講演後に質問を受け、午後4時にセミナーを終了しました。

お知らせ