乳幼児の急病-ひきつけ(けいれん)

判断

  • 高熱時(熱性けいれん)、激しく泣いている最中(憤怒けいれん)に発作
  • テレビなどの視覚刺激(光感受性発作)も原因に
  • 全身を突っぱらせ、顔面や手足のふるえ、意識消失、よだれを垂らすなどの症状も

応急手当

  1. 衣服のボタンなどを外し、呼吸が楽にできるように。
  2. 周囲にあるぶつかると危険なものを遠ざけ、体の周りに柔らかいタオルやクッションを。
    近くにストーブがあるときは接触によるやけどにも注意を。
  3. 高熱時は冷たいタオルなどを頭部に。
  4. 発作はたいてい数分。治まったら回復体位にしてしばらく安静に。
  5. ひきつけが長時間続いたら早めに小児科などへ。

次のポイントを医師に報告

  1. けいれんの持続時間
    (手足の動きが止まっても意識がない時間を含む)
  2. けいれん時の手足の動き
    (特に左右差)
解説イラスト001 解説イラスト002