目・耳・鼻・のど-鼻血

判断

打撲、ひっかき傷、一時的な興奮、内因性疾患などが原因
右矢印ほとんどがキーゼルバッハ部位(鼻の入り口に近い静脈)からの出血
右矢印応急手当5~10分で止血可。出血が止まらない、頻繁に繰り返すときは医療機関(耳鼻科・内科など)へ
キーゼルバッハ部位

応急手当

  1. 衣服をゆるめ、イスなどに座らせて、ややあごを引いた姿勢に。
  2. 鼻翼(小鼻)を両側からつまんで5~10分くらい圧迫。呼吸は口で。
  3. 洗面器などを用意し、口に落ちてきた血液は吐き出させる。
  4. 顔面が紅潮していたら、額や鼻の周りに冷たいタオルをあてる。
解説イラスト001 解説イラスト002