急病・急な症状(一般)-吐血・喀血

判断

黒褐色・コーヒーの残りかす状
右矢印食道や胃・十二指腸などからの出血=吐血
鮮紅色(鮮血)・泡まじり・咳き込み
右矢印気管や肺などからの出血=喀血
右矢印どちらも出血が大量で昏睡しているようなときは119番へ
軽度であっても容態の落ち着きをみて医療機関へ

応急手当

  1. 吐いている最中は顔を下向けに。むせたら背中を軽く叩いて、吐き出しを助ける。
  2. 口の中に血液の凝固物(窒息の原因)がないか確認。
    自力で吐き出せないときは、ガーゼを巻いた箸などで除去。
  3. 横向きに寝かせて毛布などで保温。次の吐血・喀血に備えて洗面器などを用意。
  4. その後の吐血は少量なら横向きのまま、大量なら腹ばいにして。喀血は座らせて前かがみで。
  5. 吐き終えたら、薄い食塩水でうがいを。
解説イラスト001 解説イラスト002 解説イラスト003