急病・急な症状(一般)-つわりと陣痛

判断

妊娠初期(5~6週から)に現れる悪心、おう吐、食欲不振、嗜好(読み:しこう)の変化、めまい、微熱など
症状軽く全身状態良好
右矢印産婦人科医と相談。家庭で手当
症状重く全身状態悪化
右矢印入院治療が必要な場合も

応急手当

  1. 食事は食欲が出たときに、消化がよく栄養価に富んだものを少しずつ頻回に分けてとる。
  2. 食後15~30分は吐き気防止のため安静に。
  3. つわりにはストレスも影響。趣味などで気分転換を。
解説イラスト001

判断

妊娠後期。10分に1~2回の周期的な下腹部痛
右矢印出産の徴候(分娩第一期=開口期)
右矢印産婦人科医に連絡
膣から羊水が流れているとき(破水)、陣痛が2~3分間隔(分娩第二期=娩出期)になったら即入院

応急手当

  1. 医師の指示があれば、あわてず病院へ(分娩第一期は初産婦で10数時間、経産婦で4~7時間ほど続きます)。
  2. 産婦が緊張していると、子宮収縮と産道拡大による神経圧迫が増して痛みが強まるので、安静に寝かせリラックスして過ごすように。
    背中の下のほうをマッサージすると痛みが和らぐことも。
解説イラスト002 解説イラスト003