ケガ・事故(一般)-出血

判断

出血のしかたを確認
右矢印傷口からにじみ出るa毛細血管性出血)
右矢印黒ずんだ血が流れ出るb静脈性出血)
右矢印まっ赤な血が噴水のように吹き出るc動脈性出血)
右矢印abは応急手当で止血可能
右矢印cなどの大量出血時は同時に119番へ

応急手当

  1. 出血している部分に清潔なガーゼやハンカチをあてて片手で圧迫。
    出血量が多いときは両手で強く圧迫。
    <直接圧迫止血法>
  2. 血がにじんできたらガーゼやハンカチを重ね、きつめに包帯を巻く。
  3. ※静脈は血流が弱く、直接圧迫止血法でおおむね応急止血が可能です。
解説イラスト001 解説イラスト002