ケガ・事故(一般)-やけど

判断

面積
右矢印広範囲右矢印生命に危険も。至急119番と応急手当を
右矢印小範囲右矢印生命に危険なし。やけどの深さを確認
深さ
右矢印皮膚の赤み(I度熱傷)右矢印部分的なら家庭の手当でも治癒可
右矢印水ぶくれ(II度熱傷)・皮膚の白みや黒み(III度熱傷)
右矢印やけど跡が残ったり、皮膚移植が必要な場合も。
右矢印応急手当後に医療機関へ
やけど状態解説イラスト
やけどの深達度の判断
深達度 皮膚の外見 症状
I度熱傷(表皮やけど) 赤み ひりひり痛む
II度熱傷(真皮やけど) 水ぶくれ、発赤湿潤 強く焼けるような痛み
III度熱傷(全層やけど) 蒼白、炭化による黒み あまり痛まない

応急手当

  1. どんなやけども真っ先に患部を流水で冷やす。
流水の刺激が強いとき
直接水圧がかからないように洗面器などに水道水と少量の氷を入れて患部をつける。
顔や胴の小やけど
流水や洗面器が使いづらいときは、患部にタオルをあて、その上からやかんやホースで水を注ぐ。
  1. 冷やす時間は20~30分、ずきずきする痛み(疼痛)がやわらぐのを目安に。
    ただし、広範囲のやけどの場合、全身を冷却し続けると体温をひどく下げる可能性があるので、10分以上の冷却は避けること。
  2. 十分に冷やしたら、手足はガーゼなどでふわっと包む。広範囲のやけどはシーツで全身を覆うようにして患部を保護。
  3. 水ぶくれができても、破らないように。
解説イラスト001 解説イラスト002 解説イラスト004 解説イラスト005