急病・急な症状(一般)-胸・腹・背中の強打

判断

意識消失、呼吸困難、呼吸時の両胸のふくらみの違い、顔面蒼白・暗赤色
右矢印至急119番へ
見た目は何ともない
右矢印とくに呼吸時の胸痛が続くときは医療機関へ

応急手当

  1. 傷病者の反応と呼吸を確認。「なし」なら心肺蘇生を開始(※【救急蘇生法】参照)。
  2. 意識・呼吸ともしっかりしていれば、上体を45度ぐらい起こした半坐位の姿勢に。
  3. 衣服をゆるめて胸もとを広げる。
    傷や出血があれば清潔なガーゼなどで保護。
解説イラスト001 解説イラスト002

判断

内臓飛び出し、腹部膨張、激痛、蒼白
右矢印至急119番へ
見た目は何ともない
右矢印時間とともに腹痛、腹の張り、吐き気が強くなったら医療機関へ

応急手当

  1. 仰向けに寝かせ、丸めた座布団などの上に両ひざをおいて腹筋の弛緩を。
  2. 衣服をゆるめて腹部を広げ、小さな傷口にはガーゼなどを。
    内臓が飛び出ている場合は、至急119番に連絡をする。
  3. 吐き気があれば顔を横向けに。
解説イラスト003

判断

手足の不随や感覚まひ、呼吸困難
右矢印至急119番へ
何ともなさそう
右矢印安静後に念のため医療機関へ

応急手当

  1. その場で背筋をまっすぐ伸ばした仰向けの姿勢に。傷病者が動けず、うつぶせに倒れているときは、数人で協力して頸部、体幹がねじれないように(頭-背筋-足を直線状に)保持しながら、慎重に仰向けに(ログロール法)
    ※直線状に保つことよりも、ねじれないようにすることが重要です。
  2. 傷病者の反応と呼吸を確認。「なし」なら心肺蘇生を開始(※【救急蘇生法】参照)。
    意識があれば、顔の両側に丸くたたんだタオルなどを置き、首が動かないように固定。
  3. 医療機関への搬送は救急隊にまかせる(担架搬送が必要)。
解説イラスト004 解説イラスト005